So-net無料ブログ作成

牛肉のおいしさ、撮影だけで測定=岐阜県情報技術研など開発(時事通信)

 岐阜県情報技術研究所と同県畜産研究所は29日、牛肉のおいしさをカメラで撮影するだけで素早く測定する装置を開発したと発表した。
 両研究所によると、牛肉のおいしさには、口溶けや香りに影響を与える脂質とされるオレイン酸の量が関係し、多いほどおいしさが増す。オレイン酸の量を測定することで、おいしさを客観的に評価することができる。
 従来、オレイン酸の量を測定するには、牛肉をミンチ状にして分析装置にかける必要があった。しかし結果が分かるまで6時間以上かかる上、専門家でなければ装置を扱えないなどの問題があった。
 新装置は、甘み成分に反射する近赤外光を肉に当て、特殊なフィルターを使ってカメラで撮影。光の反射の度合いによってオレイン酸の量を測定する。牛肉は切り身のままで、簡単な操作で測定が可能という。 

<普天間移設>与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
「坂の上の雲」英訳版刊行へ(産経新聞)
中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)
<訃報>赤堀和郎さん75歳=元電通常務(毎日新聞)
死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。