So-net無料ブログ作成

漁船不明 最後の無線連絡は「波にのまれた」…第2山田丸(毎日新聞)

 「せき込まれた(波にのまれた)」という無線連絡を最後に、レーダーから船影は消えた。12日未明、長崎県五島沖で消息を絶った底引き網漁船「第2山田丸」。所有する長崎市旭町の山田水産本社事務所には、早朝から連絡を受けた社員らが次々駆け付け、男性社員の一人は「心配です」と唇をかんだ。

【事故の概要】漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

 社員らに続き、長崎海上保安部や長崎市の職員らも入った本社事務所。第2山田丸には股張保(またはりたもつ)船長(49)のほか、日本人船員3人と中国人船員6人が乗船していたが、安否の情報は入らない。

 午前10時過ぎ、山田浩一朗社長と尾崎武広・事業部長が記者会見し、消息を絶った状況などを説明した。

 それによると、事故の第1報は、12日午前4時20分ごろ。僚船の第1山田丸の船長から尾崎部長に「第2山田丸の前方約400メートルで航行していたら、レーダーから船影が消えた。船の電灯も見えなくなった」と、連絡が入ったという。

 消息を絶った第2山田丸は韓国・済州島沖の東シナ海で、僚船の第1山田丸や、既に操業を始めていた同社の8隻と共に、イカやタイを狙って底びき網漁をする予定だった。

 一方、乗組員の家族らも判明しない消息に焦りの色を濃くした。

 長崎市内に住む股張船長の親族は第2山田丸が行方不明との一報を聞き「保が乗った船が沈没したんですか。その情報は確かですか」と動揺を隠せない様子だった。

【関連ニュース】
【漁船捜索の様子などを写真で見る】
<写真特集>海難事故:巻き網漁船が転覆、12人不明−−強風の長崎・平戸沖
<写真特集>漂流4日、奇跡の救出劇ドキュメント 八丈島沖漁船転覆
<写真特集>イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む

終わりなき旅
システムエンジニアを極める!
n2suydofのブログ
いつでも、元気な薬剤師です。
京都抹茶娘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。